イベントタイトルワタシのミライ 2024 気候危機を止めるために今年できること!
日時2023年1月17日(水)16:00〜18:00
会場東京都新宿区歌舞伎町1-1-15 東信同和ビル7階+オンライン
対象どなたでも
参加費無料
開催団体再エネ100%と公正な社会をめざす「ワタシのミライ」
備考気候ネットワークは「ワタシのミライ」に実行委員団体として参加しています。

イベント趣旨

2024年は、約3年に一度の「エネルギー基本計画」改定の年です。

残念ながら日本のエネルギー政策は、気候危機に向き合うものにはなっていません。
いまだに化石燃料を重視し石炭火力すら維持する姿勢は、COP28でもNGOなどから批判されています。

「依存度を低減」としてきた原子力も、気候危機を口実に推進されようとしています。

何より、その議論・決定プロセスには市民の参加機会がほとんどありません。
一方、2023年8月、国連子どもの権利委員会が出した「一般的意見26」では、
気候危機が子どもの権利の侵害となるおそれがあり、各国は対策を取る責任があること、
また環境に関する意思決定において子どもの意見を考慮する必要があることなどを示しています。

日本のエネルギー政策の意思決定でも、子ども・若者を含む多様な市民の参加が欠かせません。
このイベントでは、様々な活動を展開する幅広い市民から、「エネルギー基本計画」に求めることや、今できることを共有します。みなさんのご参加をお待ちしています。

プログラム

1.「ワタシのミライ」とは

2. エネルギー基本計画見直しに向けて・COP28での決定について

  吉田明子(国際環境NGO FoE Japan)
  伊与田昌慶(350.org Japan)

3. 子どもの権利条約と気候変動

  平野裕二(子どもの権利条約総合研究所 運営委員)

4. 多様な市民の参加を!各団体からのメッセージ・アピール

  福代美乃里(Fridays For Future Tokyo)
  黒部睦(Fridays For Future Tokyo)
  高橋英江(環境活動家)
  Shimkat Bjorn(アムネスティーインターナショナル)
  高田翔太郎 (Protect Our Winters Japan)
  宮島萌(U2-4琉球)*オンライン
  仲野晶子(SHO Farm)
  中村涼香(KNOW NUKES TOKYO)
  芹ケ野瑠奈(日本若者協議会)*オンライン

5. 今後の活動・計画について

  儀同千弥(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)

6. ミニ交流会(会場・オンラインそれぞれ開催)

特定非営利活動法人 気候ネットワーク 東京事務所

〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目12番2号藤森ビル6B(→アクセス
03-3263-9210 03-3263-9463
(営業時間)月〜金 10:00-17:00 ※土日祝は休日