気候ネットワークが共催するイベントです。

タイトル

【ウェビナー on 国際アクションデー】気候変動の新たな脅威 ?大規模バイオマス発電の妄想

日時 2022年10月21日(金)18:30~20:00
会場 オンライン会議システムzoomで開催
趣旨 10月21日は、大規模バイオマス発電に関する国際アクションデーです。「カーボンニュートラル」で「環境に優しい」などの謳い文句で注目されるバイオマス発電ですが、それは本当の姿ではありません。燃料を生産するために森林が伐採され、多くの生物が生息地を失い、燃焼時に出る温室効果ガスは「出ない」ことにされているなど、知られたくない事実が語られていないだけなのです。国際アクションデーは、こうした大規模バイオマス発電が引き起こす環境・社会問題について知り、伝え、行動する日です。問題に取り組む環境保護団体や市民グループが、世界各地でさまざまなアクションを計画しています。日本では、私たち国際環境NGO FoE Japanと地球・環境人間フォーラムがウェビナーを開催します。ウェビナーは、90分でバイオマス発電の問題点を丸わかりできる基礎講座です。大規模バイオマス発電に焦点を当て、バイオマス発電が気候変動や生物多様性の脅威となっている理由や、今後さらに増加することが予想される石炭火力発電によるバイオマス混焼について、わかりやすく説明します。また、国際アクションデーにちなんで、私たちが活動を共にする海外の環境保護団体や市民グループから3名の専門家をお招きし、バイオマス発電の問題点や燃料生産国の森林で起きていることをお話しいただくとともに、日本で活動する団体の活動などもご紹介します。

気候変動の抑制や生物多様性保全に関心がある方はどなたでもご参加いただけます。すでに何かしらの取り組みをしているけれども、これまでバイオマス発電の問題点については知るチャンスがなかったという方や、これからの気候・生物多様性クライシスの時代を生きる若い世代のみなさんに特におすすめしたいウェビナーです。市民による未来のための正しい判断が求められる今、大規模バイオマス発電の真実を知る一助となりましたら幸いです。

プログラム
  1. バイオマス発電の問題点(ペグ・パット氏/Environmental Paper Network)
  2. 気候変動とバイオマス発電、石炭火力によるバイオマス混焼(深草亜悠美/FoE Japan)
  3. 燃料生産国からの声
    • カナダ(ミシェル・コノリー氏/Conservation North)
    • アメリカ(アンディー・ウッド氏/Coastal Plain Conservation Group)
  4. 日本での取り組み(共催団体による活動紹介)

*時差と当日の各国でのアクションの都合により、プログラム1と3は録画(字幕つき)でお届けいたします。

参加費 無料 *寄付歓迎
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
主催 国際環境NGO FoE Japan / 地球・人間環境フォーラム
共催 350 New ENEration / 気候ネットワーク/ ウータン・森と生活を考える会 / A SEED JAPAN / 350 JAPAN / 等
協力 グリーンピース・ジャパン / メコンウォッチ / JACSES / Mighty Earth / バイオマス社会産業ネットワーク/ 等
お問合せ 国際環境NGO FoE Japan
TEL: 03-6909-5983(info@foejapan.org)
備考 大規模バイオマス発電に関する国際アクションデーについて大規模バイオマス発電に関する国際アクションデー(International Day of Action on Big Biomass)は、150以上の環境保護団体や市民グループから成る国際環境ネットワーク Environmental Paper Network(EPN)が企画・取りまとめをしています。アクションデーに世界各地で様々な団体やグループが実施するアクションは、実施主体が自由に企画・実施しています。その土台となっているのは、これまでに190以上のグループが賛同している声明「バイオマスの妄想」に述べられている考え方です。