4月11日にメガバンクに対して提出した株主提案に関する投資家向け説明資料を更新しました。
メガバンク3社は、それぞれ取締役会の意見を発表し、我々の株主提案に対して反対の意を表明しました。さらに、SMBCグループは5月24日にトランジション・ファイナンスに関する定義・判断基準等を示す新文書「Transition Finance Playbook」を発表しましたが、いずれの文書も株主提案で求める核心に触れる、あるいは我々が納得できる内容のものではありませんでした。
6月後半に開催される3社の株主総会に向け、各社の問題を改めて振り返るとともに、Transition Finance Playbookへの意見を説明資料にまとめましたので、ご覧ください。

投資家向け説明資料(5月31日):メガバンクの新方針と取締役会の意見を分析:気候関連株主提案を継続(PDF

提案文書

メガバンク3社への提案文書(PDF

参考

【プレスリリース】国内外の環境NGOが東証プライム6企業に株主提案 ~メガバンク全3社含む日本企業の気候変動対策に問題提起~(2023年4月11日)(リンク

関連文書&サイト

投資家向け説明資料 (4月10日):気候目標、投融資ポートフォリオおよび方針をネットゼロ公約に整合させられなければ、メガバンクは深刻な財務リスクにさらされる(PDF

株主提案に関する特設サイト Asia Shareholder Action(リンク

連絡先

気候ネットワーク www.kikonet.org
担当者:鈴木康子 E-mail: suzuki@kikonet.org